スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北海道4

2009年09月15日 23:07

4日目。
天気は曇りのち雨。
気温は厚手の上着が必要なくらい。
今日は摩周湖を回って釧路へと入る予定。

朝起きて宿の朝食をいただこうと食堂へ行ってみたものの、
人っ子1人いない空間に弁当らしき箱と書き置きが。
どうやらここはオールセルフの朝食らしかった。
・・・こんなスタイルの宿は初めてだったので、
なんか少し新鮮な感じ。まあ、食事中に自分に注意を向ける人がいると
食事がしにくい気がするタチなのでこれはこれでOK。
で、人のいい感じがする店主親子に別れを告げてチェックアウト。
途中ペンケトーとパンケトーを一望できる双湖台へ寄り、
さらに雄阿寒岳と雌阿寒岳を一望できる双岳台へ寄りながら
そのまま国道241号を東へと進んだ。

そこから一路摩周湖へと向かったのだが、
途中国道241号から道道52号へスイッチした直後くらいに
どこまでも伸びる一直線道路に入った。
まさに「これぞ北海道」といった感じの道で、感嘆することしきり。
そこから間もなく摩周湖の第一展望台へと到着し、
世界一の透明度を誇ったこともある摩周湖を目の当たりにした。
とは言え、摩周湖の回りはずらりと山に囲まれたような形になっており、
湖面に近づくことはまったくできないような状態で、
まじまじとそのきれいさを堪能することはできなかった。
遠目にその青さを見ることで水のきれいさは伝わったような感じだったが、
きれいな水好きの自分としては近寄れなかったのがちょっと残念な感じ。
ちなみに、この摩周湖第一展望台で散策路を歩いていると、
嫁が「リスを見た」と騒いだ。
縞があったということだったので、シマリスだろうかと思いながらも、
一瞬しか姿を見せなかったのでよくわからないということであった。
ここは北海道だからエゾリスだろうかねぇ。

その後、第三展望台からの眺めも堪能し、
今度は広大な牧草地帯が広がるという900草原へと向かった。
ここは町営の牧場で、牧場の総面積が930haあることからその名が付いたらしい。
展望台からは見渡す限りの牧場といった眺望で、
まさに雄大な北海道を象徴するかのような風景。
ぼんやりもしゃもしゃやっている乳牛や、
乳牛の絵が描かれていた「乳牛注意」の看板を眺め、ほっこりした気分に。

その後、弟子屈町へと入ってくるとそろそろ腹が減ったということで、
適当にうまそうな物を食おうと店を探してみることとし、
とりあえず道の駅摩周温泉に行けば
何かあるのではという淡い期待のもと行ってみたものの、
軽食を売る売店みたいなものはあったが
普通に食事ができるような店はなかった。
で、近くに何かあやしげなスープカレーの店があったので、
とりあえず入ってみたところ、これがなかなかうまかった。
野菜はゴロゴロでしっかり火が通って柔らかく、
鶏肉は骨付きでしかもスプーンでホロホロと崩れるほど煮込まれている。
また、隣にはヨーロッパ系(?)の雑貨店を併設しており、
店内にはジャズらしき音楽が流れている。
メニューも飲み物とスープカレーが数種類くらいしかないという、
なかなかのこだわりを感じられる落ち着いたいい店だった。
で、スプーンで野菜をゴボウを切ろうとしたら、
案の定スプーンが滑って白い長袖Tに飛び散ってしまったというのは、
ちょっとイタイがいい思い出。(苦笑)

腹を満たした後は、国道391号を南へ下り、今夜の幕営地・釧路を目指した。
ある程度進むと釧路湿原が姿を現してきたので、
「細岡展望台→」という看板に導かれるまま、
いきあたりばったりに進路を変えることとした。
しかし、このころから急速に天気は下り坂になり、
展望台に到着する1、2分前から急に雨が降り出してしまい、
せっかくの展望台であったがあまり展望することもできず、
ささっと写真を撮ってダッシュで車に戻る始末。
その後も雨は降り止まず、「湿原展望台」へ着いた頃には
雨に加えて霧も出てしまい、湿原はまったく見えなかった。
残念なこってす。

ところで、そろそろ購入した土産物も増えてきたということで、
このあたりで一度荷物をまとめて高知に送ることにした。
で、近くのスーパーに入って買い物ついでに段ボール箱を二つもらい、
土産物をつめこんで近くの郵便局から嫁の実家に送っておいた。

その後は、本日の宿であるスーパーホテル釧路駅前に入り、
宿内のコインランドリーでたまった洗濯物を洗濯していたら雨も上がったので、
釧路の街中へ繰り出して有名な「ザンギ」を発祥の店と言われる「鳥松」で食した。
釧路と言えば海産物という選択肢もあるのだが、
その印象を吹き飛ばして余りあるほど、このザンギがまたうまい。
お持ち帰りもしたくなるほどであったが、
他にも客がいっぱい出たり入ったりしていたので遠慮してしまった。

その後は、宿に帰って温泉を堪能し、
乾ききっていない洗濯物を干しながら就寝して4日目終了。
雨がちょっと残念な1日だったですなぁ。
スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。